Q&A of MEMENTO ジュエリーウォッチ

shutterstock_66489682.jpg

Q1: バンド装着のしかたは?
バンドは指一本が入る程度の余裕をもたせて、ご使用ください。

Q2: 日常のお手入れは?
ケース・バンドは汚れからさびが発生し、衣服の袖口を汚したり、皮膚がかぶれたり時計の性能が劣化することがあります。ケース・バンドは常に清潔にしてご使用ください。特に、海水に浸した後放置しておくとさび易くなります。
樹脂バンドの表面に染み状の模様が発生することがありますが、人体および衣服への影響はありません。また布等で簡単にふきとることができます。
皮革バンドは乾いた布で軽くふくなどして常に清潔にしてご使用ください。
樹脂バンドも皮バンド同様、日々の使用により劣化し、切れたり折れたりする場合があります。
バンドにヒビなどの異常がある場合は、必ず新しいバンドと交換してください。
そのときは、お買い上げ店にバンド交換をお申し付けください。保証期間内であっても有償にて申し受けます。
時計も衣服同様、直接身につけるものです。本体ケースやバンドの汚れ、汗,水分などは吸湿性のよい柔らかい布でふきとり、常に清潔にご使用ください。
お手入れを怠ると・・・
〈さび(錆)〉
時計で使用している金属はさびにくい性質ですが、汚れによりさびが発生します。
(汚れにより酸素が絶たれると、表面の酸化皮膜が維持できなくなり、さびが発生します。)
表面はきれいでも、すきまに付着した汚れやさびがしみ出して、衣類の袖をしたり、皮膚がかぶれたり、時計の性能が劣化することがあります。
〈劣化〉
樹脂バンドは汗などの水分で濡れたままにしておいたり、湿気の多い場所に放置すると経年劣化し、切れたり、折れたりすることがあります。
〈かぶれ〉
皮膚の弱い方や体調により、かぶれたりすることがあります。特に、皮バンドや樹脂バンドをお使いの方は、こまめにお手入れをするか、金属バンドのご使用をおすすめします。
万一、かぶれた場合には、そのバンドの着用を中止し、皮膚科の専門医にご相談ください。

Q3: ガラスの内側が「曇る」ことがありますが・・・
時計内部は、大気中と同じように空気があり、微少ながら湿気を含んでおります。従いまして、防水性能が保持できていても、冬場など暖かい室内から気温が低い屋外へ出た場合には、内部の湿気が一時的に水滴となってガラス面に付着し、「曇り」となることがあります。「曇り」がすぐに消えたり、時計本体の温度が周囲の温度と近くなり消える場合は、特に問題ありません。「曇り」の状態が長く続く場合は、内部への水分浸入などが考えられますので、その場合は早めに点検又は修理をお買い上げになったお店にお申し付けください。

Q4: 天然皮革・クロコ皮のお取扱いは?
長時間、他の製品と密着させたり、濡れたまま他の製品と一緒にしておくと、他の製品に色が移行したり、他の製品の色が天然皮革やクロコ皮革に移行したりすることがありますので、濡れているときはすぐに水分をふきとり、他の製品に密着させたままにしないでください。
長時間、直射日光(紫外線)に当てたり、汚れが付着したまま長時間放置すると色あせする場合があります
時計の本体およびバンドは、直接肌に接触していますので、使用状態によってはかぶれを起こす恐れがあります。
例:
(1) 金属・皮革に対するアレルギー
(2) 時計の本体およびバンドの汚れ・さび・汗等
(3) 体調不良等
バンドをきつくしめると、汗をかきやすくなり、空気の通りが悪くなりますのでかぶれ易くなります。バンドは余裕をもたせてご使用ください。
「抗菌防臭バンド」は汗などによる細菌の繁殖を抑え、においの発生を防ぐもので、皮膚のかぶれを防ぐものではありません。
万一、異常が生じた場合は、ご使用を中止し、医師にご相談ください。


Q5: 保管時の注意は?
長期間ご使用にならないときは汚れ、汗、水分などをふきとり、高温、多湿の場所を避けて保管してください。

Q6: 薬品類についての注意は?
シンナー、ガソリン、各種溶剤、油脂またはそれらを含有しているクリーナー、接着剤、塗料、薬剤、化粧品類等が付着すると、樹脂ケース、樹脂バンド、皮革などに変色や破損を生ずることがありますのでご注意ください。

Q7:電池交換は?
電池交換は必ずお買い上げ店にお申し付けください。
電池は必ず当社指定の専用電池と交換してください。指定以外の電池を使用しますと故障の原因となる場合があります。
電池交換の際、防水検査を行ないます。(防水検査は別途有料となります。) ご注意:電池が消耗しますと「時刻の狂いが目立ったり」「表示がみにくくなったり」「消えたり」します。
消耗した電池を使っていると故障の原因になりますので、お早めに交換してください。

Q8: 時計の電池寿命とは?
時計の電池寿命は、時計に新しい電池を組み込んでからの動作期間です。
また電池寿命は、取扱説明書内の「電池寿命」の欄に記載している使用条件にて算出されており、異なったご使用条件によっては、電池寿命の期間以上に動作したり電池寿命期間に満たないうちに切れる場合があります。
*お買い上げ時の時計に予め組み込まれている電池はモニター用電池のため電池寿命に満たない場合があります。

Q9:高温に耐えますか?
自動車のダッシュボードや暖房器具の近く等の高温になる場所に放置しないでください。また、寒い所に長く放置しないでください。遅れ、進みが生じたり、止まったり、故障の原因となります。
+60℃以上の所に長時間放置すると液晶パネルに支障をきたすことがありますのでご注意ください。
液晶表示は、0℃以下や+40℃以上では、表示が見えにくくなることがあります。

Q10: ショックに耐えますか?
通常の使用状態でのショックや軽い運動には十分耐えますが、落としたり、強くぶつけたりすると故障の原因になります。


Q11:保証期間内の修理は全て無料となりますか?
保証期間内でも下記の場合などにおいては有料となります。
 ・保証書の提示がない場合
 ・誤用、乱用および取り扱い不注意での故障や損傷の場合
 ・不当な修理または改造による故障や損傷
 ・使用中に生じたキズなどの外観上の変化(ケース、ガラス、バンドのキズなど)
 ・消耗品(電池やバンドなど)のお取替えの場合
 など。
Q12:製品に同梱されていた保証書は再発行できますか?
申し訳ございませんが、保証書の再発行はおこなっておりません。
紛失しないよう大切に保管してください。
万一、保証期間内に修理が発生し、保証書の提示がない場合は有料にて修理させていただきます。
あらかじめご了承ください。